ワンダと巨像 ストーリー


   ワンダという青年は少女の亡骸を乗せた愛馬と共に
   人里遠く離れた、危険な道、時折降る雨の中、
   夜を徹して旅を続け、古の地に辿り着く。

   古の地にある目的の場所、「祠」。
   中央にある祭壇にワンダは布で包まれた少女の亡骸を寝かし、
   蘇生術の言い伝え通り、
   魂を失った少女を前に、誓いを立てる。

   すると突如、雷鳴と共に天から声が聞こえ、
   その声はワンダに、
   「少女を助けたければ、この地のすべての巨像と戦い、そして倒せ」と告げた。





トップページへ

(c )ebi

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット